2. Presentsの意味          〜英語のあれこれ〜


今回は、スリランカなどのPOWER OF ATTORNEY(POA, 委任状)ほか、法律文書でよく見られる独特な言い回しについてです。

それら法律文書は次のような枕詞で始まります。

TO ALL TO WHOM THESE PRESENTS SHALL COME, I,.......SEND GREETINGS:
(意味は、「本文書をご覧になる方々へ」と言う感じです)

“these presents”(複数で使用)には、法律用語で「本文書」という意味があります。

また “come”の使い方も面白く、「本文書が来る方々へ」と表現しています。

日本語なら「本文書を受け取る方々へ」
"TO ALL WHO SHALL RECEIVE THESE PRESENTS" と書くのが自然ですが、

TO ALL TO WHOM THESE PRESENTS SHALL COME と書いています。

この方がPRESENT(=本文書)が主体となっていて、さも重要であるように聞こえますね。

さて次ですが、枕詞の後には "WHEREAS"で始まる背景説明が来て、その後にやっと「委任する相手」が指名されます。

NOW KNOW YE ALL (MEN) AND THESE PRESENTS WITNESSETH that I/We do hereby nominate, constitute and appoint...

硬く訳せば「以下を汝らに知らせる、本文書によりここに〇〇〇〇を指名・任命する」といった感じでしょうか。

普通に言えばBe informed by this document that...ですね。
しかしBe informed, Be it known といった受動態は弱いので、特にlegal textでは能動態を使うことにより意味を強めるのだそうです。

委任状にこんなに強い表現を使うのは何故なのか興味のある所ですが、common law(英米法)の国ではこの形式が今でも使われているようです。

因みにアメリカ独立戦争の終結時に13州が合意したArticle of Confederation (連合規約 1781年)は 、以下のような書き出しで始まっています。

TO ALL TO WHOM THESE PRESENTS SHALL COME, we the undersigned delegates of the states affixed to our names,.......SEND GREETINGS

連合規約は言わば憲法のようなものであり、「世界に向けてお知らせする」という表現は当時としては尤もな気がします。

それにしても、230年も前(日本では江戸時代)の表現が未だに使われているのはすごいです。
契約書の堅苦しく古い文体を非効率的だと反対する人と、「古めかしさ」を愛する人との間に色々な議論があるようで、これも興味深い所です。

3. Prettyが動詞に? へ


ページトップへ


ワードなどのファイルを添付できるお見積りフォームです。
(事務所の所在地)
〒300-1256
茨城県つくば市森の里
30-13
(業務対応地域)
茨城県(水戸市、日立市、土浦市、石岡市、 結城市、 龍ケ崎市、 下妻市、 常総市、 北茨城市、 取手市、 牛久市、 筑西市、 坂東市、 かすみがうら市、 桜川市、 神栖市、 行方市、 鉾田市、 つくばみらい市、 小美玉市、 茨城町、 美浦村、 阿見町、守谷市)、千葉県(我孫子市、柏市、松戸市、野田市、船橋市、市川市、浦安市、印西市)、東京都、神奈川県(横浜市、横須賀市、川崎市、平塚市、藤沢市、茅ケ崎市、厚木市)、栃木県(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、芳賀市)など

関東全域含め全国のお客様に対応しております。
在留資格、ビザの更新・変更が専門のつくば市のフェリス行政書士事務所

在留資格(ビザ)、帰化、国際結婚・離婚・相続の手続きでお困りの方は、フェリス行政書士事務所へ!
© 2012-2018 Office Felis