7. Fully and effectually          〜英語のあれこれ〜

ちょっと訳しづらい決まり文句についてです。
(1)は委任状(Power of Attorney)から (2)は契約書からです。

(1)I appoint to be my attorney to act for me in my name and in my interests........as fully and effectually as I could if personally present.

(私は___を法定代理人として指名し、以下の権限を与える。私自身が行うと全く同じ権能をもって私の利益のために代理行為を行う。)

(2)Acme shall not make any claim or take any action adverse to Dynamic’s ownership of or interest in the Dynamic Marks. Without limiting the generality of the foregoing, Acme shall not attempt to register any Dynamic Mark or any mark confusingly similar thereto in any jurisdiction.

(AcmeはDynamic Marksの所有権や商標権を侵害する請求や行為を一切行わない。例えばDynamic Markまたはこれに酷似したマークを登録する行為など、Acme はいかなる国においてもこれを行わない。ただしこれらの例に限定しない。)

without limiting the generality of the foregoingとは、「先ず一般的ルールを述べて、次に具体例をいくつか挙げるが、その例によって上記ルールの一般性が狭められることはない」という意味であると、ある法律家が説明しています。

つまり「以下の具体例だけに限らない」という意味です。契約書に頻出する‘including, without limitation‘と同じですね。 契約書の和訳に「上記の一般性を制限することなく」といった表現を見かけますが、スーッと意味が入って来ません。単語を日本語に置き換えただけでは不十分・不親切です。また「上記の一般性に制限されることなく」といった訳も見られますが、これは意味が間違っています。

法律家で契約書ライターのKen Adamsは "you should almost always be able to use a less ponderous alternative" 「たいていの場合、もっと重々しくない言葉で言い換えられるべき」と言っています。

8. 離婚判決通知書(カリフォルニア州) へ


ページトップへ


ワードなどのファイルを添付できるお見積りフォームです。
(事務所の所在地)
〒300-1256
茨城県つくば市森の里
30-13
(業務対応地域)
茨城県(水戸市、日立市、土浦市、石岡市、 結城市、 龍ケ崎市、 下妻市、 常総市、 北茨城市、 取手市、 牛久市、 筑西市、 坂東市、 かすみがうら市、 桜川市、 神栖市、 行方市、 鉾田市、 つくばみらい市、 小美玉市、 茨城町、 美浦村、 阿見町、守谷市)、千葉県(我孫子市、柏市、松戸市、野田市、船橋市、市川市、浦安市、印西市)、東京都、神奈川県(横浜市、横須賀市、川崎市、平塚市、藤沢市、茅ケ崎市、厚木市)、栃木県(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、芳賀市)など

関東全域含め全国のお客様に対応しております。
在留資格、ビザの更新・変更が専門のつくば市のフェリス行政書士事務所

在留資格(ビザ)、帰化、国際結婚・離婚・相続の手続きでお困りの方は、フェリス行政書士事務所へ!
© 2012-2018 Office Felis