公証・アポスティーユ・領事認証

翻訳書類の認証取得とは?

認証とは、「書類が本物であること」(本人が自分の意志で書類を作成したこと)を、日本の公証人や外務大臣、駐日領事など権威ある立場の者に証明してもらうことです。

認証には、以下の種類のものがあります。

A.公証人(Notary Public)による公証(Notarization)
B.外務大臣によるアポスティーユ(Apostille)
C.大使館・領事の認証(Consular Legalization/Authentication)


私たちは、認証取得の専門家です。
あなたに必要な認証を確実、迅速に取得します。


・日常的に認証取得業務を行う行政書士が担当するため、手続きの間違いが起きにくく、また委任状が必要なケースでも行政書士の場合は免除されるため、業務がスピーディに行えます。
・公証、アポスティーユは翻訳完了から最短1日で取得可能です。
・大使館の認証(領事認証)は翻訳完了から1~5日かかります。(国による)

(「あなたに必要な認証」について)
どの認証が必要かは提出先国が「ハーグ条約」の加盟国であるかどうかも含め、 提出先によって異なりますので、提出先にご確認下さい。(認証について指示・説明文がある場合、こちらで判断できる事ももありますので、ご相談下さい。)
ハーグ条約や各種認証について、公証役場外務省のウェブページもご参考にしてください。


公証(Notarization)とは?

翻訳者が①英訳文、②日本語原文(またはコピー)、③「この訳文は正確なものである」という内容の英文の宣言書を持参し、公証人の目前で宣言書に署名します。そして公証人が英文の証明書を作成し、①〜③の文書と合わせて綴じます。世界で認められている「公的認証」のうち最も一般的なものです。翻訳完了後、最短一日で取得可能です。(役場への手数料11,500円)

領事認証(Consular legalizaton)とは?

提出先の国の駐日大使館(領事館)で翻訳文への認証を受けるものです。
Consular Authenticationなどとも言われています。
翻訳完了から4~5日かかります。(役所への手数料は15,000円前後。)
流れは以下のようになります。

①公証人による認証を受けます。
②その公証人が所属する法務局(地方)の長から当該公証人の公印確認を受けます。
③次に外務省において上記法務局長の公印が間違いないことの証明を受けます。
④最後に提出先国の駐日大使(領事)館の証明(領事認証)を受けます。

*ハーグ条約(領事認証を不要とする条約)に加盟している国(地域)に証明書を提出する場合には、原則駐日領事による認証(上記④)は不要となり、外務省において文書にアポスティーユ(付箋による証明)を付与してもらえば足ります。

アポスティーユ(Apostille)とは?

原則である「領事認証」を免除したものとお考えください。提出先の国がハーグ条約に加盟していれば、通常はアポスティーユで足りますが、国や書類によって異なりますので確認が必要です。
翻訳完了から最短一日で取得できます。 (役場への手数料11,500円)

①翻訳した文書に、公証人による認証を受けます。
②その公証人の所属する法務局(地方)の長から当該公証人の公印確認を受けます。
③外務省によるアポスティーユを受けます。


▼主な認証取得実績

【公証/領事認証/アポスティーユ 】
・戸籍
・住民票
・死亡届
・婚姻受理証明書
・婚姻届記載事項証明
・会社定款
・会社登記簿(全部事項証明・履歴事項全部証明)
・委任状
・各種宣言書

【提出先国】
アメリカ、イギリス、オランダ、ベルギー、オーストリア、スイス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、スリランカ、フィリピン、シンガポール、パキスタン、ギリシャ、UAE、アルバニア、南ア、チリ、バーレーンなど

料金表


 所要
日数
*1
代行料金
(税抜)
役場などへの手数料
公証 1日 6,000円 公証役場手数料 11,500円
アポスティーユ 1日 12,000円 公証役場手数料 11,500円
領事認証  1~5日
(国による)
 20,000円~25,000円 公証役場   11,500円
領事への費用   数千円~ 
(国により異なる)
   *1 翻訳が完了してからの所要日数です。
   *2 都内までの交通費(1往復3,000円)や郵送費などの実費が別途かかります。


重要情報の取り扱いについて
業務遂行上知り得たお客様の個人/機密情報は細心の注意をもって管理し、業務終了後はお客様のご指示に従い破棄するなど、情報の漏えい防止に努めています。








ページトップへ




ワードなどのファイルを添付できるお見積りフォームです。
(事務所の所在地)
〒300-1256
茨城県つくば市森の里
30-13
(業務対応地域)
茨城県(水戸市、日立市、土浦市、石岡市、 結城市、 龍ケ崎市、 下妻市、 常総市、 北茨城市、 取手市、 牛久市、 筑西市、 坂東市、 かすみがうら市、 桜川市、 神栖市、 行方市、 鉾田市、 つくばみらい市、 小美玉市、 茨城町、 美浦村、 阿見町、守谷市)、千葉県(我孫子市、柏市、松戸市、野田市、船橋市、市川市、浦安市、印西市)、東京都、神奈川県(横浜市、横須賀市、川崎市、平塚市、藤沢市、茅ケ崎市、厚木市)、栃木県(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、芳賀市)など

関東全域から札幌、大阪、名古屋、京都、四国・中国地方、九州、沖縄地方まで全国の各県各都市のお客様に対応しております。
在留資格、ビザの更新・変更が専門のつくば市のフェリス行政書士事務所

在留資格(ビザ)、帰化、国際結婚・離婚・相続の手続きでお困りの方は、フェリス行政書士事務所へ!
© 2012-2018 Office Felis