OEM契約書翻訳サンプル 

 >「契約書の翻訳(日⇒英)」へ戻る
(原文)OEM基本契約書
(訳文)Master OEM Agreement
原 文 訳 文
○○○株式会社(以下「甲」という。)と○○○○株式会社(以下「乙」という。)は、次の通り、OEM基本契約(以下「本契約」という。)を締結する。 ABC Co., Ltd. (hereinafter “ABC”), and XYZ Co., Ltd. (hereinafter “XYZ”), have hereby caused the Master OEM Agreement (hereinafter “this Agreement”) to be executed as follows:  
第1条 (目的)
甲は、乙に対し、○○○(以下「本製品」という。)の製造を委託し、完成した本製品を乙から買い取ることを約した。
Article 1 Purpose
ABC has contracted with XYZ for the manufacture of certain products (hereinafter the “Products”), and has contracted with XYZ to buy the Products manufactured by XYZ.  
第2条 (仕様)
乙は甲の貸与する仕様書、図面、技術文書に従い、本製品を製造する。
Article 2 Specifications
XYZ shall manufacture the Products in accordance with the specifications, drawings and technical documents furnished by ABC.  
第3条 (商標)
乙は本製品および本製品の梱包等に甲の商標を表示する。

2.商標の表示方法などは、甲の指示による。
Article 3 Trademarks
XYZ shall label the Products and the packages of the Products with the trademarks of ABC.

2. The labeling method shall be stipulated by ABC.
第4条 (発注保証)
本契約期間中、甲は乙に対し、毎年○台以上の本製品を発注して買い取ることを約する。
Article 4 Minimum Requirement
During the term of this Agreement, ABC shall guarantee XYZ a minimum annual purchase of the Products.  
第5条 (個別契約)
本契約は、本契約に基づいて行われる本製品の個別契約に共通して適用される。個別契約の内容が本契約と異なるときは、個別契約を優先する。

2.本製品の品名、数量、納入価格、納期、納入場所などについては、甲および乙による個別契約をもって別途定める。
Article 5 Individual Contracts
This Agreement shall apply to all individual contracts concluded under this Agreement in connection with the Products. In the case of conflicts between the terms and conditions of this Agreement and those of any individual contract, the latter shall take precedence over the former.  

2. The title, quantity and price of the Products, date and place of delivery, etc., shall be determined for each individual contract between ABC and XYZ.
第6条 (受入れ検査)
甲は、本製品の納品後30日以内に受け入検査をし、その結果を速やかに乙に報告する。この検査の合格通知を発した時に本製品の所有権は、乙から甲に移転する。

2.前項の受け入れ検査の不合格通知を受けたときは、乙は、直ちに代替品を納入するか、または無償で修理をおこなわなければならない。
Article 6 Acceptance
Test Within thirty (30) days after receipt of the Products from XYZ, ABC shall perform an acceptance test on the Products, and promptly notify XYZ of the results. Upon notification of the Products having passed the test, the title to the Products shall be transferred to ABC.

2. In the event that any of the Products fail to pass the test, XYZ shall repair or replace such Products with alternates, at no charge, immediately after receipt of such notification.  
第7条 (危険負担)
本製品の所有権が甲に移転する前に本製品の全部又は一部が滅失、毀損、変質したときは、甲の責めに帰すべき事由による場合を除いて、乙の負担とする。
Article 7 Risk
Any loss of, damage to, or alteration of, the Products, in whole or in part, occurring before the title thereto transfers to ABC, shall be the responsibility of XYZ, except when such loss, damage or alteration is attributable to ABC.  
第8条 (検査・閲覧権)
甲は、乙の営業時間内であればいつでも乙の本社および工場などに立ち入り、在庫原材料、半製品、完成品の状況及び作業工程を検査し、乙の帳簿、伝票の閲覧をすることができる。
Article 8 Inspection
ABC may have access to the head office or plants of XYZ, at any time during normal business hours, to examine the stock of raw materials, and the status and manufacturing process of the incomplete and completed Products, and to inspect the books of account and vouchers.  
第9条 (瑕疵担保責任)
甲が、本製品の受入れ検査の合格を通知した時から1年以内に本製品の隠れた瑕疵を発見し、直ちにその旨を乙に通知したときは、乙は、甲の指示に従い、速やかに代替品納入の措置をとる。

2.前項の措置は、該当する製品がすでに甲から第三者に出荷済みのときは、甲が実施するものとし、乙は甲の求めに応じて、自らの費用にて甲に対して代品の供給を行う。
Article 9 Warranty against Defects
If ABC finds latent defects in the Products within one (1) year after notification of the Products having passed the acceptance test, and promptly notifies XYZ thereof, XYZ shall immediately replace such Products with alternates, as instructed by ABC.

2. If said Products have already been delivered to a third party by ABC, ABC shall replace such Products with alternates, and upon the request of ABC, XYZ shall at its own cost provide ABC with alternates to the Products.  
第10条 (知的財産権)
本製品に関し、第三者との間で知的財産権に関する紛争を生じたときは、乙は、その責任において解決にあたるものとし、これにより甲が損害を被ったとき、乙は、その損害を賠償する。但し、製品仕様書及び商標による紛争は甲の責任において解決にあたるものとする。

2.本製品について甲が提供した技術情報に基づき、乙が発明考案等をなしたとき、特許権等知的財産権の出願の可否及びその権利の帰属については、甲乙協議して決定する。

3.本条の規定は、本契約終了後も有効とする。
Article 10 Intellectual Property Right
In the event of a dispute involving a third party, regarding the intellectual property rights of such third party, arising from or related to the Products, XYZ shall be responsible for addressing the issue, and liable for any damage suffered by ABC. However, if the dispute arises from ABC’s specifications or trademarks, ABC shall be responsible for addressing the issue.

2. In the event that XYZ develops any invention or design using the technical information furnished by ABC in connection with the Products, whether or not to file application for intellectual property rights (including patent and other rights), and the ownership of the rights thereto, shall be discussed and determined between ABC and XYZ.

3. The provisions in this Article shall survive after the expiration of this Agreement.  
上記は契約書の一部のサンプルであり、完全な契約書ではありません。
本サンプルのご利用によって生じたいかなる損害についても、当事務所では責任を負うことが
できません。あらかじめご了承下さい。

>「契約書の翻訳」へ戻る



  お見積り・お問合せはお気軽にどうぞ。







ページトップへ





ワードなどのファイルを添付できるお見積りフォームです。
(事務所の所在地)
〒300-1256
茨城県つくば市森の里
30-13
(業務対応地域)
茨城県(水戸市、日立市、土浦市、石岡市、 結城市、 龍ケ崎市、 下妻市、 常総市、 北茨城市、 取手市、 牛久市、 筑西市、 坂東市、 かすみがうら市、 桜川市、 神栖市、 行方市、 鉾田市、 つくばみらい市、 小美玉市、 茨城町、 美浦村、 阿見町、守谷市)、千葉県(我孫子市、柏市、松戸市、野田市、船橋市、市川市、浦安市、印西市)、東京都、神奈川県(横浜市、横須賀市、川崎市、平塚市、藤沢市、茅ケ崎市、厚木市)、栃木県(宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、芳賀市)など

関東全域から札幌、大阪、名古屋、京都、四国・中国地方、九州、沖縄地方まで全国の各県各都市のお客様に対応しております。
在留資格、ビザの更新・変更が専門のつくば市のフェリス行政書士事務所

在留資格(ビザ)、帰化、国際結婚・離婚・相続の手続きでお困りの方は、フェリス行政書士事務所へ!
© 2012-2018 Office Felis
QLOOKアクセス解析